キノコ鑑別相談が始まりました。

クリタケ

秋と言えば、食欲の秋。
秋の山には、雑キノコがあるわけで、これを採りに行くのが結構楽しみだったりします。
特に、クリタケの株を見つけたりしたときには、鳥肌が立つくらい興奮しちゃったりします。

 

興奮しすぎて、クリタケに似た猛毒のニガクリタケを採って来ちゃったりしたら大変です。
そこで、長野県諏訪保健福祉事務所では、今年も専門知識を持つ指導員によるキノコ鑑別相談を始めました。

 

今年は猛暑と残暑の影響で、今のところ山にはほとんどキノコがないとのことで、今後は雨が降れば少しは期待できそうとのことですが、なんでも「キノコが不作の年は中毒が多くなる」とのこと。
採れないと良く知らないキノコまで採って来てしまうそうです。(気持ちは良くわかります。)
「知らないキノコは採らない、食べない。」これが楽しむ基本ですね!

 

・・・あと、コンビニのビニール袋にキノコを入れるのはやめましょう!
キノコは菌によって拡がります。
ビニールに入れてしまうと、菌の拡散ができなくなっちゃいます。
やっまり昔ながらの「ビク」がおすすめ!

 

【キノコ鑑別相談】
長野県諏訪保健福祉事務所で月・水・金曜日の14:00~16:00実施
お問い合わせ:0266(57)2929

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
0.0/5 (0 votes)

この記事はホムタプロジェクトさんが書いています

ホムタプロジェクトさん

ホムタすわプロジェクト

諏訪市の魅力や情報を、もっとたくさんの方に知っていただくための活動を行っています。 この「ホムタすわ」のホームページを企画運営管理しているプロジェクトチームです。 「見る喜びとちょっとした情報を発見する喜び」を「諏訪の人やお店が情報発信する喜び」を マッチングすることに喜びを感じています。 【ツイッター】でも情報発信中!