諏訪湖畔の周遊道路で自転車・歩行者分離実験を開始

諏訪湖畔の周遊道路で自転車・歩行者分離実験を開始

諏訪湖畔にあるジョギングロードの一部区間を、歩行者用と自転車用に半分ずつ分け、安全な利用を促す社会実験が始まりました。

 

中央に白線を引き、湖側を歩行者用、外側を自転車用としています。

 

なお・・・

 

 

 

あくまでも実験ですので・・・

 

 

 

「白線って石灰のアレかい!」

 

とツッコミは入れないでください。

 

また・・・

 

 

 

万一、雨が降って白い線が消えていたとしても、

 

 

 

半分から湖側が歩行者、外側が自転車、としてご利用いただければ。

 

さらに・・・

 

 

 

誰かがイタズラで看板(画像の赤〇参照。)を入れ替えちゃったとしても、

 

 

 

気にしないでください。

 

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
5.0/5 (1 vote)

この記事はホムタプロジェクトさんが書いています

ホムタプロジェクトさん

ホムタすわプロジェクト

諏訪市の魅力や情報を、もっとたくさんの方に知っていただくための活動を行っています。 この「ホムタすわ」のホームページを企画運営管理しているプロジェクトチームです。 「見る喜びとちょっとした情報を発見する喜び」を「諏訪の人やお店が情報発信する喜び」を マッチングすることに喜びを感じています。 【ツイッター】でも情報発信中!