精進湯

※写真提供:諏訪市観光課

精進湯

精進湯

精進湯は地元の鎮守である手長神社へ身を清めて参拝にのぼるという意味から名づけられました。
創設年月日は定かでありませんが、1756年の文献「諏訪かのこ」に精進湯が名湯として紹介されています。
 はじめは、精進潔斎の湯として宮座に付属した共有の鍵湯でしたが、後に組合経営となり、昭和53年度からは全国的には稀な市営の温泉公衆浴場となりました。
手長神社は精進湯から徒歩で約5分ですので入浴の後にお時間があればぜひ参拝を。
■手長神社のページはこちらです■(見る・歴史)


精進湯

精進湯は上諏訪四湯(精進湯、虫湯、小和田の平湯、湯の脇平湯)の1つに数えられている由緒のある温泉場です。
(このうち現存して入浴可能なのは、精進湯と湯の脇平湯の2か所のみです。)
市民や観光客に親しまれ、利用者は年間2万3000人を超す時期もあったが、長期低落傾向が続き、2007年度は8700人と1万人を割り、08年度も7200人とピーク時の3分の1以下に落ち込んでいます。
諏訪湖周辺に日帰り入浴施設がたくさんオープンしているのも1つの要因ですが、江戸時代の文献に名前が残る「名湯」をぜひ残したいものです。
虫湯については、JR上諏訪駅近くの八十二銀行上諏訪駅前支店の角に石碑(石柱)が立っていて「昔はここにあったのね」と小さな発見の喜び(?)があったりします。

 

精進湯は、JR上諏訪駅から徒歩約10分ほど。
ビルの1階にあり「えっ、こんなところに!?」と思ったりもします。
浴室や脱衣場は狭いものの、レトロな感じで郷愁が漂っています。


タオル:なし、バスタオル:なし、シャンプー・石鹸:なし、ドライヤー:なし

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
4.0/5 (2 votes)

精進湯

精進湯外観精進湯写真2精進湯写真3

JR上諏訪駅近くの公営の温泉銭湯。

精進湯は地元の鎮守である手長神社へ身を清めて参拝にのぼるという意味から名づけられました。
創設年月日は定かでありませんが、1756年の文献「諏訪かのこ」に精進湯が名湯として紹介されています。
はじめは、精進潔斎の湯として宮座に付属した共有の鍵湯でしたが、後に組合経営となり、昭和53年度からは全国的には稀な市営の温泉公衆浴場となっています。
【入浴料】
大人:250円、子供(6才~11才)110円

住所諏訪市諏訪1-5-16
電話0266-58-1894
営業時間7:00~10:00、14:00~20:00
定休日月曜日
駐車場なし(私営の有料駐車場利用)