• 最高のギャンブル都市ガイド

    最高のギャンブル都市ガイド0

    ここ数年、フィリピンやシンガポールといった国や都市が「カジノに最適な場所」の座を競っています。ここでは、今年注目の都市をいくつかを見てみることにしましょう。旅行を計画していない方でも、テーブルゲームやスロットを試してみたくなると思います。

    さあ、準備はできましたか?

    シンガポールはもう何年もカジノ都市として人気を集めています。賭博に関する新たな法令の下、21歳以上の観光客は、シンガポールに6か所あるリゾートスポットのいずれにも入場することができるようになりました。シンガポールのカジノは、マリーナベイ・サンズとリゾート・ワールド・セントーサという、2つの大型IRのみに限定されています。マリーナベイ・サンズは2010年にオープンし、約700台のテーブルゲームと2,000台以上のビデオゲームを備えた、16万平方メートルの巨大なIRです。リゾート・ワールド・セントーサは、カジノだけでなく、博物館や遊園地、水族館を備えています。

    最高のギャンブル都市とは?

    アメリカ・ラスベガス

    シンガポールやマカオといった競合地も頑張っていますが、世界中からカジノプレイヤーが集まるホリデースポットとしてのラスベガスの人気は、今でも衰えていません。近年、有名なラスベガス・ストリップは驚異的な成長を遂げています。21世紀に入って間もなく、「アリア」や「コスモポリタン」といったカジノホテルが登場し、「ビルズ ギャンブリン ホール」といった昔ながらのカジノも復元され、再オープンしています。カジノは、ラスベガスのダウンタウンのフリーモント・ストリートとその周辺で発祥しました。ストリップ沿いの「ベラージオ」や「シーザーズ・パレス」の灯りを逃れた観光客によって、この街は再生し、活性化するようになりました。

    フィリピン・マニラ

    アジア最高のカジノを探そうと思ったら、マニラで見つけられるかもしれません。リゾートワールドは、2009年に「リゾートワールド マニラ」をオープンしました。パイゴウ、バカラ、カリビアンスタッド、クラップスなどのゲームが楽しめる場所として、観光客に大人気です。最近の統合型リゾートの中でも、マニラは傑出しています。「シティ オブ ドリームス マニラ」は、ハイエンドの企業、レストラン、スパ、そして洗練され遊び心たっぷりのカジノをうまく組み合わせたIRです。これは他のアジアのカジノにも見られることですが、地元のプレイヤーも観光客も、カードゲームが大好きです。マニラのカジノのほとんどで、スリーカードポーカー、バカラ、ポンツーン、ルナポーカー、ブラックジャックがプレイ可能です。

    中国・マカオ

    マカオは世界で最もカジノが集中している都市の1つです。この半島には40軒以上のカジノがあり、世界中のさまざまな国際カジノチェーンが出店しています。「MGMマカオ」には350台近くのテーブルゲームと1,000台以上のビデオスロットがあります。また、マカオには、サンズやウィンといったアメリカ大手ブランドのカジノもあります。ラスベガス・ストリップへのアジア版とも言えるのがコタイ・ストリップで、この通り沿いに地域最高級のリゾートが何軒も店を構えています。2014年にオープンした「シティ オブ ドリームス マカオ」では、ハリウッドをテーマにしたカジノゲームが毎日開催されています。現在、マカオのリゾートの多くが、中国政府の脅威にさらされている家族連れを顧客として狙っています。「シティ オブ ドリームス」のようなリゾートでは、今では子供に優しいセクションを併設するようになりました。

    アメリカ・アトランティックシティ

    アトランティックシティは、ラスベガスのアメリカ東海岸版として知られる都市です。「トランプ・タージマハル」の閉鎖は打撃でしたが、アトランティックシティが今でもアメリカ有数のカジノ都市であることに変わりはありません。2013年にニュージャージー州はオンラインカジノを合法化し、アトランティックシティでも大型カジノ数件が独自のオンラインポーカーサイトを持つようになりました。アトランティックシティには、2019年の段階で12軒以上のカジノがあります。「トロピカーナ」といった大型カジノには、スロットやジャックポットのほか、地元名物「アトランティックシティ・ブラックジャック」といったゲームが何千台と揃っています。

    READ MORE
  • ギャンブルが公認されている都市およびカジノの評価

    ギャンブルが公認されている都市およびカジノの評価0

    ルーレットテーブルに着席して、次にダイスが振られる前にドーパミンが洪水のように湧き上がる気分ほど、特別なものはありません。カジノにおけるスリルは特別なスリルであり、しかもそのスリルが世界最高級のカジノのスリリングなシーンを背景にしたものなら、熱狂もひときわです。ギャンブルは想像を絶するほどリスクが高く、現金を失ってしまうこともあるでしょう – それでも、自分は自信があるから何軒でも挑戦してみたい、という方もいらっしゃると思います。自分の住む街にはないものを味わってみたい、なにか新しいことに挑戦してみたいという方には、カジノ旅行を計画されるのもよいかもしれません。そして、贅沢な旅行、レクリエーションスポーツ、世界有数のショー、そしてギャンブリングゲームの組み合わせを一か所で楽しめる所は、カジノ都市をおいて他にありません。

    中国・マカオ

    マカオには現在30軒以上のカジノがあり、今後さらに24軒のオープンが予定されています。この街は、ギャンブルを真剣に捉えています。10,500,000平方フィートの敷地面積を誇る世界最大のカジノ「ベネチアン・マカオ」もこの街にあります。カジノつきホテルは、この街の歳入の半分以上を稼ぎ出しているのです!

    アメリカ・ネバダ州・ラスベガス

    ラスベガスという名前には、あらゆる期待が込められています。ラスベガスは信じられないような街です。この街に追いつけと、世界中のあらゆるギャンブル都市が最新化を目指し切磋琢磨しているのです。ただ、新興のギャンブル都市がいかに頑張っても、ラスベガスにはまだ遠く及びません。この街には、ベラージオやシーザーズ・パレスといったカジノホテルの殿堂があるからです。

    モナコ・モンテカルロ

    このジェームズ・ボンドシリーズで知られるクラシックな街、モンテカルロは、まさに映画のイメージ通りの街 素晴らしい海があり、素敵な人々が集う街です。騒々しいパーティーは見かけず、典型的なナイトライフシーンはカジノ周辺で見られます。

    イギリス・ロンドン

    そう、ロンドンです。この街は、一般的にはブランチやアフタヌーンティーといったイメージの方が強いのではないでしょうか。ロンドンと聞いて、真夜中に自分の運を試そうと懸命になっている市民の姿を頭に浮かべる人はあまりいないと思います。ですが、ロンドンは素晴らしいカジノ都市と呼ばれる資格があります。ロンドンとその周辺には、約25軒のカジノがあるからです。エリート向けの高級クラブもありますが、ほとんどは普通のブラックジャックファンでも気軽に入れるお店です。

    シンガポール

    シンガポールがギャンブル事業に参入したのは比較的最近のことです。この大変清潔な街、シンガポールが楽しみとして現金を賭けるという行為を合法化したのも、意外ともいえるほど最近のことでした。「マリーナベイ・サンズ」と「リゾート・ワールド・セントーサ」という2つのIRがスポットライトを浴びたおかげで、シンガポールはギャンブルシーンで一躍有名な街になりました。

    フランス・パリ

    ロンドンと同じように、ギャンブル都市としてはあまり知られていないのが、美しいパリです。パリと聞くと、エッフェル塔を思い浮かべる人が多いと思います。カジノの数は多くありませんが、この街にもそれなりにハイローラーは集まってくるのです。エッフェル塔を見ながら、毎日ブラックジャックのテーブルを訪問できるのがこの街のいいところです。

    コスタリカ・サンホセ

    カジノ都市と聞いて、コスタリカを頭に浮かべる人はあまりいないと思います。ですが、実はコスタリカは最高のカジノスポットの1つなんです。熱帯の楽園でありながら物価はあまり高くない、という理想の組み合わせで、カジノも30軒以上のお店から選べます。アルバは、カリブ海地域で最高のカジノ都市の1つです。カリビアンスタッドポーカーもここで生まれました。最高クラスのパウダーサンドビーチ、大型カジノ、そしてサーフィンに理想的な波、という理想的な組み合わせが揃った街です。

    READ MORE