ディーゼルエンジンのお車はご注意を!

ガソリンスタンド

本格的な冬が到来し、諏訪湖周辺でも最低気温はマイナス表示となる日が続きます。

 

あまり最近ではそのような現象を見ることはなくなりましたが、冬に都会から諏訪へディーゼルエンジン(軽油燃料)のお車でお出かけの際には注意していただきたいことがあります。

 

毎年何件か起こっていますが、軽油燃料の凍結が起こり得ます。

凍結と言っても、カチコチに凍ってしまうわけではなく、流動性が異常に低くなり、フィルターなどを詰まらせてしまうためにエンジンがかからない、かかってもすぐに切れてしまう、といった現象が起こります。

 

特に山間部へお出かけの際には注意が必要です。

 

凍結防止の対策はいたって簡単で、

寒冷地へ行ったら現地で燃料を給油することです。

 

軽油は温度による流動点などが何段階かに設定されていて、寒冷地で冬に販売している軽油は低温時の流動性が高くなります。

 

なので、

現地に到着したら、現地のガソリンスタンドで給油するのが一番です。

(※高速道路では必ずしも寒冷地用の軽油でない場合があります。)

 

空にして給油する必要はなく、だいたい半分程度混ざっていれば通常なら大丈夫、と言われていますが、こればかりは実験したことがないのでわかりません・・・

 

また、給油した後はすぐ駐車するのではなく、しばらく走って十分に軽油をエンジンに供給してから駐車するのがおすすめです。

 

ガソリンスタンドで特段に寒冷地用の軽油を指定する必要はありません。

(勝手に寒冷地用になっていますから。)

 

万一、軽油が凍ってしまった場合には、エンジンへの燃料供給箇所を温めなければなりませんから、大騒動になり、時間もかかります。

 

スキー場の駐車場などで悲しくもそのようになってしまった場合には、JAFさんにお世話になるのが一番早いかもしれませんが、現地で給油するだけなのでやること自体はとっても簡単です。

 

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
4.0/5 (2 votes)

この記事はホムタプロジェクトさんが書いています

ホムタプロジェクトさん

ホムタすわプロジェクト

諏訪市の魅力や情報を、もっとたくさんの方に知っていただくための活動を行っています。 この「ホムタすわ」のホームページを企画運営管理しているプロジェクトチームです。 「見る喜びとちょっとした情報を発見する喜び」を「諏訪の人やお店が情報発信する喜び」を マッチングすることに喜びを感じています。 【ツイッター】でも情報発信中!