美味しい生酒発見。

あらばしり1あらばしり2

諏訪の日本酒蔵元「真澄」の「あらばしり」と言えば、フルーティーで美味しい日本酒の生酒です。
アルコール度数が高い(18度)ので、いつも(?)飲み過ぎると後で身体に響きます。
どれくらい飲むと身体に堪えるのか・・・が未だにつかめないため、毎回苦労しています。
(記事には直接関係ない、とても私的なコトでスミマセン。)

 

つい先日も、日本酒と焼酎とビールとワインとウイスキーでは、どれが一番二日酔いが辛いか?ということを飲みながら議論したのですが、結局飲み過ぎるとどれも一緒の気がします。
(またまた記事には直接関係ない、とても私的なコトでスミマセン。)

 

さて・・・
諏訪の日本酒蔵元「真澄」の「あらばしり」ですが、お漬物で有名な「松尾商店」さんで「オリジナルの真澄のあらばしり」を販売していらっしゃいました。

 

蔵元から原酒を仕入れ、杉樽で寝かせること・・・(期間を聞くのを忘れました・・・)しばしの間、樽のほのかな香りとまろやかさが引き立ち、それをビン詰めした「樽生酒」です。
封印も格好良いです。

 

普通の真澄のあらばしりも美味しいですが、よりマイルド&リッチテーストで、とっても美味しくいただけます。

 

私が購入しましたのは「ヨットハーバー店」ですが、松尾商店さんの場所などは・・・
■松尾商店さんのページ■でご確認くださいね。

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
5.0/5 (1 vote)

この記事はホムタプロジェクトさんが書いています

ホムタプロジェクトさん

ホムタすわプロジェクト

諏訪市の魅力や情報を、もっとたくさんの方に知っていただくための活動を行っています。 この「ホムタすわ」のホームページを企画運営管理しているプロジェクトチームです。 「見る喜びとちょっとした情報を発見する喜び」を「諏訪の人やお店が情報発信する喜び」を マッチングすることに喜びを感じています。 【ツイッター】でも情報発信中!