サイト利用規約

第1条(総則)

homtaすわ利用規約(以下「本規約」といいます。)は、ホムタプロジェクト(以下「当プロジェクト」といいます。)が提供する各種情報提供サービス(以下「本サービス」といいます。)に関して、本サービスを利用する会員(第2条で定義します。)と当プロジェクトとの関係を定めるものとします。
なお、会員登録により当プロジェクトによる利用承認を受けた会員に限り、本サービスの提供を受けることができるものとします。
また、本規約は本サービスの利用に関して生ずる全ての関係に適用されるものとします。

第2条(定義)

本規約において使用する用語の定義は次のとおりとします。

1.「会員」とは、本サービスを利用し、各種情報提供を行う個人または組織・法人のことをいいます。
(個人または組織・法人の直接構成員(外部委託者は含みません、外部委託者による利用は禁止事項第6条の10に抵触します。)を含みます。)
2.「ID」とは、会員が各種情報提供を行う際に、当プロジェクトが当該会員の認証を行うための識別子として使用するものです。
3.「パスワード」とは、会員登録により当プロジェクトが発行した(その後に会員において変更がなされたものを含みます。)パスワードのことをいいます。

第3条(各規約との関係)

本規約とは別に、当プロジェクトが別途定める各種規約等については、それぞれが本規約の一部を構成し、本サービス利用時には会員には全ての規約等への同意がなされたものとみなします。

第4条(利用料金)

本サービスは、長野県諏訪市居住の個人及び諏訪市所在の実在店舗であれば、会員申込みにより当プロジェクトにおいて審査を行い、認められた方であればどなたでも無料で利用することができます。
ただし、オプションで有料のサービスを提供する場合にはその旨を告知するとともに別途利用申し込みを行っていただくものとします。

第5条(責任及び注意義務)

会員は、自らの責任に基づき本サービスを利用するものとし、会員が提供する各種情報については、自らが全ての責任を負うものとします。
また、会員は他人の著作物を使用したことなどが原因により紛争・損害賠償の請求等などを受けた場合には、自らの費用と責任で対応するものとし、当プロジェクトを一切免責するものとします。
なお、ID・パスワードについて会員を除く第三者に盗用されまたは当プロジェクトに無断で譲渡・委任した場合等、会員の提供した情報の改変やなりすまし等によりクレーム・紛争・損害賠償の請求を受けた場合、当プロジェクトを免責するものとし、一切の損害賠償その他の請求や責任を追及しないものとします。

第6条(禁止行為)

会員が本サービスを利用するに当たって、当プロジェクトは以下の行為を禁止します。
会員が以下の禁止行為を行った場合、当プロジェクトは当該会員の提供した情報の全部または一部を削除し、あるいは以後の利用を禁止する場合があります。

1.当プロジェクトもしくは他者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
2.他者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
3.他者を差別もしくは誹謗中傷・侮辱し、他者の名誉もしくは信用を毀損する行為。
4.詐欺、規制薬物の乱用、児童売買春、預貯金口座及び携帯電話の違法な売買等の犯罪に結びつく、または結びつくおそれの高い行為。
5.わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待、あるいは当プロジェクトが児童ポルノに類すると判断する内容を送信または掲載する行為。
6.性器露出画像、動画、あるいは性器を描写したデータ等、当プロジェクトが性器を描写した内容であると判断した内容を掲載する行為。
7.無限連鎖講およびマルチ商法、またはそれに類するもの、そのおそれのあるもの、あるいは当プロジェクトが無限連鎖講およびマルチ商法、またはそれに類するもの、そのおそれのあるものと判断する内容を送信または掲載する行為。
8.本サービスにより利用しうる情報を改ざんまたは消去する行為。
9.他者になりすまして本サービスを利用する行為。
10.当プロジェクトの許可なくID・パスワードを他者に譲渡または運用を委任する行為。
11.ウィルス等の有害なコンピュータープログラム等を送信または掲載する行為。
12.無断で他者に広告、宣伝もしくは勧誘のメッセージを送信する行為、または他者が嫌悪感を抱くもしくはそのおそれのあるメッセージを送信する行為。
13.他者または当プロジェクトの設備等の利用もしくは運営に支障を与える行為、または与えるおそれのある行為。
14.違法に賭博・ギャンブルを行い、またはこれを勧誘する行為。
15.違法行為を直接的かつ明示的に請負いし、仲介または誘引(依頼を含みます。)する行為。
16.残虐な情報や虐待の情報等、社会通念上他者に嫌悪感を抱かせる情報を掲載する行為。
17.他者を自殺に誘引または勧誘する行為。
18.当プロジェクトが、過度もしくは不適切と判断する宣伝・広告・勧誘行為。
19.他者の個人情報を収集する行為、あるいは当プロジェクトが他者の個人情報を収集する行為であると判断した内容を送信または掲載する行為。
20.宿泊施設において、当プロジェクトで運営の予約システムを利用する場合における当プロジェクトの許可なく「ホームページダイレクト(じゃらんネット自社ホームページ用予約システム)」以外の予約システムを導入したホームページへのリンク及び当該予約システムへの誘導行為または各記事への予約に関わる検索窓の設置。
21.その他公序良俗に違反し、または他者の権利を侵害すると当プロジェクトが判断した行為および不適切であると判断した行為。

第7条(データの保存)

会員は、提供情報を構成するテキストやその他のデータなどについて、自らの責任で保管し保存するものとします。
当プロジェクトではこれらのデータの保存内容については一切保証しないものとします。
また、当プロジェクトは本サービスで保存されるデータの消失やサーバーの稼働停止などによるクレーム・紛争・損害賠償の請求などについて、一切を免責されるものとします。

第8条(本サービスの終了)

当プロジェクトは、会員に事前の予告なく本サービスおよび本サービスの一部を終了または停止することができるものとします。
この場合、当プロジェクトは本サービスの終了および停止に伴う損害・損失・その他の費用の賠償または保証を免れるものとします。

第9条(著作権)

会員が提供した情報やその他のデータについては、当該情報を著作した会員に著作権が発生するものとします。
ただし、当プロジェクトおよび当プロジェクトの指定する者が、本サービスの著作物を使用する場合、会員はこれらの者が著作権法の規定に基づき、当該著作物を無償で利用することを期間無制限で非独占的に許諾し、かつ当プロジェクトおよび当プロジェクトの指定する者に対し、著作人格権を行使しないものとします。

第10条(規約の改定)

当プロジェクトは、会員の事前の承諾なく本規約を変更することができるものとします。
この場合、本サービスの利用条件は、変更後の本規約によるものとします。
変更後の本規約は、当プロジェクトのウェブサイト上に掲載した時点より効力を生じるものとします。

第11条(登録情報・個人情報の取り扱い)

会員の登録情報(会員が登録の際に当プロジェクトに提供した生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名その他の記述により特定の個人を識別することができるもの。)を会員に対しての各種連絡の目的で利用することができるものとし、その取り扱いについては個人情報保護方針に基づき行うものとします。
また、当プロジェクトは会員の登録情報については、次の場合を除き本人以外の第三者に開示しないものとします。
1.個人を識別または特定できない態様にて、集計・分析した情報を第三者に開示または提供する場合。
2.個人情報の開示や利用について会員の同意がある場合。
3.会員が希望するサービスを提供するために、個人情報の開示や利用が必要と認められる場合。
4.法令に基づき、その権限を有する公的機関から文書等により正当に開示を求められた場合。
5.当プロジェクト、会員、その他第三者の権利、財産、サービス等を保護するために必要と認められる場合。

第12条(準拠法)

本規約は日本法に準拠し、かつこれに従い解釈されるものとします。

第13条(管轄裁判所)

会員と当プロジェクトは、本規約に関連する紛争については、本プロジェクトの本拠地を管轄とする長野地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

 

2010年3月1日制定、施行開始