インターネットとホムタすわ

インターネットツールとホムタすわ

ホムタすわでは、現在インターネットで有効活用されているインターネットツールを活用しています。

ホムタすわで考えている、インターネットとの関連は次のとおりです。

 

ホムタすわのホームページ

根幹をなす部分で、情報の蓄積性・多種多様な情報発信性を持つツールです。

たくさんの情報を提供することができるメリットがある反面、見てもらわなければわからない「待ち受け」ツールですので、ツイッターやメールマガジンで「見る側の人」を補完していきます。

 

ホムタすわのツイッター

即時性の高いツールで、いろいろな可能性を秘めています。
ゆるやかな140文字制限のある中でのコミュニケーションが可能なツールです。
ツイッターでは、「ホムタすわ」と「ホムターのツイッター」で「フォロー」をすることにより、「リツイート」機能を使うことで「ホムタすわ」の「フォロワー」に即時性の高い情報提供が可能です。
(・・・ゴメンナサイ、書いている本人もよくわかっていません・・・)

即時性は高いものの、情報の流れるスピードがあまりに速いため、ホムタすわでは「ホムタすわのホームページへの誘導」と「ホムタすわのフォロワーになることによる諏訪に来たときのその場の情報提供」、「ホムターの、ホームページよりも即時性の高い情報発信の場の提供」として使用していきます。

例えばこんな場面を想定しています。

1.花火大会などのイベントで
・・・ここが今渋滞しています、当日券は売り切れました、今ウチのお店には空席があります、今日ウチの宿には空室があります、など

2.記事を読んでいただきたいときに
・・・この記事面白いです、この記事おすすめです、この記事が新着です、など

3.後でホムタすわにはネタ提供するけれど、今とっても伝えたいと思ったこと
・・・諏訪湖の夕日がとっても綺麗、花がとっても綺麗、今日はこのお店に食べに来ています、など

4.あってはいけないけど緊急時に
・・・JRが止まっています、高速道路が通行止めです、など

 

ホムタすわのメールマガジン

「見る側の人」とのコミュニケーションツールとして活用します。
オプトイン(読みたい人だけが登録する)方式を採用していますので、諏訪に興味のある方が登録すると考えています。
ホムターの皆さまの記事紹介や時節のことなどをお伝えするとともに、「見る側の人」とのメールを通した双方向性のコミュニケーションを考慮しています。

 

ホムターのインターネットツールとの関わり

作成していただく「記事」や「プロフィール」それに「お店情報」内で、ホムターのホームページやブログ、ツイッターへの誘導が可能です。

(外部へのリンクは「外部ウインドウ」で展開していただけると幸いです。)

ご自身の情報が一体全体どれくらい支持されるのか、などをテストしていただくことも可能ですし、お店などの場合、お店のプロモーションの窓口が1つ増えるという感覚でご利用いただけます。

基本的に「クリックだけで」いろいろな情報を見ていただくことが可能となっていますので、簡単に宝探し感覚で諏訪の情報を見ていただくことが可能になると思っています。

 

鮮度と質と量が大切となります

ホムタすわでは、バナー広告などを一切掲載しません。
よって、記事を作成すればトップページに表示される、という状態になっています。