ツイッター(Twitter)を活用しよう!

ホムタすわでは、ホムターがツイッターのアカウントを持っていて、かつプロフィールでツイッターのアカウントを登録していただくと、記事にツイートが自動表示される仕組みを取り入れています。
実際に表示される位置は下図のとおりです。
新規のツイートを5件表示するようになっています。

 

ツイッター1

 

そもそもツイッター(Twitter)とは何か、ということについて次にまとめてみました。

 

Twitterとは、140文字以内の短い発言(つぶやき)を入力して、みんなで共有するサービスです。

 

140文字以内なので、書き込むのがとても簡単です。

140文字までしか入らないので、知らせたい時にさっと書き込むことができます。
ブログみたいに長い文章を書くのは忙しいときは大変ですが、Twitterならちょっとした隙間の時間に使うことができます。
また、携帯電話やスマートフォンからも簡単に書き込みが可能ですので、パソコン環境でなくても情報発信が可能です。

 

たくさんの人と気軽につながれます。

「フォローする」という機能で他のユーザーとつながりますが、相互に承認する機能がないので、気軽にフォローしたりフォローしかえしたりすることが可能です。

 

情報を得るのも、発信するのも即時的。

海外の有名人から、日本の有名人、お店のタイムセールや時間限定イベントなどのお得な情報をくれるものなど、自分の友達だけではなく様々な情報がそのアカウントをフォローするだけでどんどん飛び込んできます。
全ての発言が分け隔てなく「タイムライン」と呼ばれる「新しい順に並んだ列」に表示されるので平等に情報の受発信が可能です。

 

ホムタすわでは、このツイッターについて次のように考えています。

 

即時的というメリットとデメリット

ツイッターに書き込むと、即時で140文字以内の情報が発信されます。
即時に発信でき情報が拡がるのも早いメリットと共に、流れ去るスピードもまた早いというデメリットがあります。

 

情報の奥行が少ない

簡潔に表現できるというメリットと共に、より詳しい情報を発信することはツイッター単体では難しいです。
簡単かつ簡潔と奥行きの共存はツイッター単体で実現することは不可能とも言えます。

 

以上のことから・・・

1.ホームページやブログへの導線としての補完ツール。
 →リンクを貼れることから、興味を持ってもらいより詳しい情報発信ツールへの導線を作ります。

2.近くにいる人や特定の人に対してのインフォメーションツール。
 →花火大会などに「ここが今渋滞しています」「レストランに空席が」などの即時的インフォツールとしての利用。

3.人に興味を持ってもらう。
 →誰がどんなことをツイートしているのかにスポットが当たるので。

 

上記のことを考慮しながら、ツイッターの活用についても工夫していきます。

 

ツイッターの新規登録と新規登録の仕方

ツイッターの新規登録と新規登録の仕方は、次の外部リンクをご確認ください。
(ホムタで登録した「アイコン用画像」がそのまま使えます。)

 

■ツイッターの新規登録はこちらから■

■ツイッターの新規登録方法のガイドはこちらから■

 

ツイッターアカウントのホムタすわへの登録

ツイッターのアカウントを取得したら、ホムタすわに表示できるように設定しましょう。
「プロフィール」設定項目に「Twitterアカウント」という項目がありますので、ここにアカウント名を入力してください。(下図参照)
「http://twitter.com/homtasuwa」なら「homtasuwa」の部分がアカウント名になります。

 

ツイッター2

 

ホムタすわへの登録が終わったら・・・

ホムタすわへの登録が終わったら、ホムタすわを「フォロー」してください。
フォローの方法は、右側メニュー部分一番下に「ホムタすわのツイート」が表示されていますので、「フォローする」をクリックしてください。
ホムタ側でフォローしていただいたことを確認した後、すぐにフォロー返しをいたします。
これで「ホムタすわ」でのプロモーションなどが可能となります。
無料でご利用いただけるツールですので、ぜひご活用ください。

 

リプライ機能が付いています

 

各ツイートにカーソルを合わせると「reply」という文字が出てきます。(メニュー右側の「ホムタすわ」は除きます。)
この「reply」をクリックすると、該当のツイッターに返事を書くことが可能です。
返事を書き込みすると、返事をしたユーザー、返事をされたユーザーをフォローしているユーザーにも返信内容が送信されます。

 

ツイッター3