信州風樹文庫について

信州風樹文庫は、岩波書店から出版される昭和22年以降の全図書を所蔵する日本では唯一の専門図書館です。

1.信州風樹文庫の設立
戦後の混乱期の昭和22年5月、地元中洲村の青年たちが良書に接し勉強したいという熱意に応えて、岩波書店が全出版物の寄贈を約束、最初の201冊の寄贈を受けた時から文庫の歴史が始まります。

2.信州風樹文庫 名称の由来
岩波書店の創立者(故)岩波茂雄先生の座右の銘「風樹の歎」に拠って命名されています。

  樹欲静而風不止(樹静かならんと欲すれども風止まず)
子欲養而親不待也(子養わんと欲すれども親待たざるなり)
往而不可得見者親也(往きて見るを得べからざるは親なり)
(中国 韓詩外伝、巻九)

これは若くして両親を亡くした岩波茂雄先生が、両親の慈恩に報いることができなかったのを、人生の恨事として中国の故事に因んで名づけたものです。

【ご利用案内】
■貸出数・期間:1人3冊まで、2週間以内
■館内閲覧:館内の書棚に並んでいる本は自由にご覧いただけます。
■レファレンスサービス(調査・相談)
調べたいこと、お知りになりたいことがある時は、お気軽に受付にお申し出ください。
■コピーサービス
信州風樹文庫の資料に限り、著作権法に基づいて職員がコピーいたします。
(1枚10円 ※ただし貴重本・特別本は除きます)
■所蔵図書数:平成20年3月末現在、39,161冊
■館内のご案内
1階:岩波書店寄贈本書架、藤森省吾蔵書コーナー、三省堂コーナー、貴重本コーナー、郷土資料コーナー、児童コーナー、新刊本コーナー、岩波書店雑誌、各種雑誌
2階:岩波茂雄記念室、会議室、閉架書庫(岩波書店大正2年~昭和21年発行の本を収蔵)

信州風樹文庫は昭和22年以降の岩波書店発行の全書籍を所蔵しておりますが、それ以前に岩波書店より発行された大正2年から昭和21年の書籍を収集しております。
(現在全発行書籍の43.7%を収集)
そこで、ご不用になったり、有効的なご利用等をお考えの方は、風樹文庫までご一報下さい。

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
0.0/5 (0 votes)

信州風樹文庫

昭和22年以降岩波書店出版全図書所蔵の日本唯一の専門図書館。

信州風樹文庫は、岩波書店から出版される昭和22年以降の全図書を所蔵する日本では唯一の専門図書館です。

住所諏訪市中洲3289-1
電話0266-58-1814
ファックス0266-58-1814
営業時間10:00~18:00
定休日月曜日、祝日、毎月最終平日、年末年始
駐車場あり