長野県工芸展・秀作展

イベント情報

開催日2011年10月3日〜2011年10月16日
場所北澤美術館本館
お問い合わせ先北澤美術館本館 電話0266-58-6000
長野県工芸会の歴史は昭和44年に創立された長野県彫刻工芸会にさかのぼります。県内在住の作家を中心に美術工芸の昂揚を期して長野県展から彫刻と工芸部門が独立して発足したものでした。さらに昭和55年には長野県工芸会として改組され今日にいたっております。毎年、公募によって集まる未発表作品は、陶芸、染織、人形、木工、硯、竹芸、七宝、ガラスなど多種にわたりますが、入選・入賞の審査は美術館の館長や学芸員などの有職者によって厳正に行われています。 このたびの「長野県工芸展・秀作展」は、「第31回 長野県工芸展」の入選作品の中から、審査員によって厳選された秀作約20点を展示するものです。長野県の風土に根ざした格調高い工芸作品の数々をご高覧ください。
VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
0.0/5 (0 votes)

北澤美術館

北澤美術館外観北澤美術館写真2北澤美術館写真3

山荘風の雰囲気を感じさせる建物です。

エントランスホールに面したブロンズの扉を押し開けると、オレンジ色の光を放つエミール・ガレの代表作「ひとよ茸ランプ」(高さ83センチ)があり、そこから壁沿いに設けられた展示ケースを一巡してガラス工芸を見ることになります。照明を落とした暗がりの中に、作品だけがスポットライトの光に浮かび上がる展示手法をとっています。ガレの作品を中心として常時100点前後が展示されています。現代日本画展示室では、巨匠たちの心に映じた自然美が、皆様を心地よい美の世界へといざないます。

住所諏訪市湖岸通り1-13-28
電話0266-58-6000
営業時間9:00~17:00(4~9月は18:00まで)
定休日無休 (展示替えの為、臨時休館日あり)
ホームページhttp://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
駐車場あり