須藤珠美 ガラス展

イベント情報

開催日2014年4月3日〜2014年7月9日
時間9:00~18:00 *閉館時間の30分前にご入館ください
場所北澤美術館 1F多目的ギャラリー
お問い合わせ先0266-58-6000
千葉に生まれた須藤珠美さんは、吹きガラスによる色彩豊かな作品で注目を集める気鋭のガラス作家です。彩グラススタジオを主宰する伊藤賢治氏に1998年より師事、数々の公募展で入選を果たすかたわら、近年は毎年個展を開催し、精力的に創作活動に励んでいます。吹きガラス技法は、吹き竿に熔けたガラス種を巻き取ってから息を吹き込み成形する技法で、作品の色柄はすべて吹いている段階で付けられたものです。「ガラスを吹くと一緒に柄が伸びる。その流動感が好き」と述べる須藤さんの作品では、木漏れ日や風に舞う花びら、流れる雲、寄せる波など刻々と変化する自然の姿が、ガラスの流動性を活かして伸びやかに表現されています。また、艶やかな色彩美も作品の大きな特徴です。様々な自然の光景を表す色とりどりのガラス片や金銀箔が、作品の中で重なり熔け合い、詩情あふれる世界が生み出されています。色彩がきらめく、豊潤なガラス美の世界をお楽しみください。
VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
0.0/5 (0 votes)

北澤美術館

北澤美術館外観北澤美術館写真2北澤美術館写真3

山荘風の雰囲気を感じさせる建物です。

エントランスホールに面したブロンズの扉を押し開けると、オレンジ色の光を放つエミール・ガレの代表作「ひとよ茸ランプ」(高さ83センチ)があり、そこから壁沿いに設けられた展示ケースを一巡してガラス工芸を見ることになります。照明を落とした暗がりの中に、作品だけがスポットライトの光に浮かび上がる展示手法をとっています。ガレの作品を中心として常時100点前後が展示されています。現代日本画展示室では、巨匠たちの心に映じた自然美が、皆様を心地よい美の世界へといざないます。

住所諏訪市湖岸通り1-13-28
電話0266-58-6000
営業時間9:00~17:00(4~9月は18:00まで)
定休日無休 (展示替えの為、臨時休館日あり)
ホームページhttp://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
駐車場あり