岩波昭彦日本画展 後期 -都市の肖像-

イベント情報

開催日2014年11月29日〜2015年1月12日
時間9:00~17:00
場所北澤美術館 1F 多目的ギャラリー
お問い合わせ先0266-58-6000
日本画家、 岩波昭彦さんは、 1966年長野県茅野市に生まれました。多摩美術大学絵画科(日本画専攻)を卒業後、松尾敏男氏に師事し、院展や数々の公募展に出品を重ねています。 ニューヨークの風景を題材にした「都市の肖像」シリーズを描く一方、 抽象画や歴史画を追究し、国内外で多彩な活動を続ける気鋭の作家です。 長年のテーマである「都市の肖像」シリーズでは、 作家を魅了した大都市ニューヨークの姿が細やかな筆づかいで表現されています。 高層ビル群を俯瞰した屏風絵《摩天楼》は、 横長の大画面に無数の窓明かりがきらめくダイナミックな作品です。 ビルの形や位置など細かな部分まで忠実に描かれた画面からは、 変わりゆく都市の今を記録しようとする作家の意思が伝わってきます。 また、 故郷諏訪を描いた連作《平成・諏訪大社三題》では、 諏訪大社とともに歴史を育む諏訪の姿が、 愛郷心をこめて克明に表現されています。精緻に描かれた風景の所々に見られる滲み、 ぼかしに、 歴史の蓄積や時代の推移に対する作家の思いをくみとることができます。 このたびの展覧会では、 前期で諏訪大社奉納前の公開となる連作《平成・諏訪大社三題》を中心に紹介いたします。 後期ではニューヨークをはじめとする都市風景画を展示します。 新たな日本画表現を探求する作家の最近作をご覧ください。
VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
0.0/5 (0 votes)

北澤美術館

北澤美術館外観北澤美術館写真2北澤美術館写真3

山荘風の雰囲気を感じさせる建物です。

エントランスホールに面したブロンズの扉を押し開けると、オレンジ色の光を放つエミール・ガレの代表作「ひとよ茸ランプ」(高さ83センチ)があり、そこから壁沿いに設けられた展示ケースを一巡してガラス工芸を見ることになります。照明を落とした暗がりの中に、作品だけがスポットライトの光に浮かび上がる展示手法をとっています。ガレの作品を中心として常時100点前後が展示されています。現代日本画展示室では、巨匠たちの心に映じた自然美が、皆様を心地よい美の世界へといざないます。

住所諏訪市湖岸通り1-13-28
電話0266-58-6000
営業時間9:00~17:00(4~9月は18:00まで)
定休日無休 (展示替えの為、臨時休館日あり)
ホームページhttp://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
駐車場あり