三浦世津子ガラス展-更紗の花々より-

イベント情報

開催日2015年6月14日〜2015年7月20日
時間9:00~18:00 *最終日7月20日のみギャラリーは16:00まで
場所北澤美術館 多目的ギャラリー
お問い合わせ先0266-58-6000
愛知県に生まれた三浦世津子さんは、1986年よりイギリス、アイスランド、チェコ、アメリカに留学後、日本にて製作と発表を続けています。個展やグループ展を多数開催し、ガラスの透明性を活かしたデザインと柔らかな曲線をもつ作品は多くの人々を魅了しています。一つ一つ微妙に形の異なる器や、アシンメトリで華やかなシャンデリアには、熔けた液体のガラスが、吹き竿の先で固まるときの自然な動きを留めたかのような流動性が感じられます。三浦さんは、「子供の頃から鉱物が大好きで、私にとってのガラスは水晶や石英の延長線にある、液体の形を留めた一種の鉱物。」と語っています。このたびの展示では、‘更紗’をモチーフにした最近作をご紹介いたします。古くから世界中で人々を魅了し続けてきた更紗は、各地で地域に根ざした素材、色彩、意匠を発展させ、独自の歴史を刻んできました。その膨大な手仕事の量と、美しい更紗の花々に触発されたという新作の数々と器、ジュエリー、灯りなど作家のセンスが息づく多様な作品をぜひご高覧くださいませ。【作家によるギャラリートーク】6月14日(日)11:00-11:30 【作家在廊日】6月14日(日)、6月28日(日)、7月20日(月祝)
VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
3.0/5 (1 vote)

北澤美術館

北澤美術館外観北澤美術館写真2北澤美術館写真3

山荘風の雰囲気を感じさせる建物です。

エントランスホールに面したブロンズの扉を押し開けると、オレンジ色の光を放つエミール・ガレの代表作「ひとよ茸ランプ」(高さ83センチ)があり、そこから壁沿いに設けられた展示ケースを一巡してガラス工芸を見ることになります。照明を落とした暗がりの中に、作品だけがスポットライトの光に浮かび上がる展示手法をとっています。ガレの作品を中心として常時100点前後が展示されています。現代日本画展示室では、巨匠たちの心に映じた自然美が、皆様を心地よい美の世界へといざないます。

住所諏訪市湖岸通り1-13-28
電話0266-58-6000
営業時間9:00~17:00(4~9月は18:00まで)
定休日無休 (展示替えの為、臨時休館日あり)
ホームページhttp://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
駐車場あり