中村孝子 ガラス展-ナカムラ野菜農園の在るところ。-Part.2

イベント情報

開催日2015年10月21日〜2015年12月17日
時間9:00~17:00 休館日:11月30日(月)、12月1日(火)
場所北澤美術館 1F 多目的ギャラリー
お問い合わせ先0266-58-6000
ガラス造形家の中村孝子さんは、1990年代から独学でキルンワークでのガラス制作を始めました。1996年には兵庫県芦屋市にアトリエを構え、ガラスブロックを石膏型に詰めて焼成鋳造するコールドキャスト技法で様々な造形表現に挑んでいます。中村さんが近年追求しているのは、身近な野菜の造形です。「野菜農園」シリーズでは、畑や栽培箱に見立てた展示空間の中で、ガラスの野菜たちが実りを迎えています。半透明のガラスが光を纏うと柔らかく輝き、まるで野菜が呼吸しているかのようです。色ガラス片が熔け混ざり合う繊細な色合いや、瞬間を凝縮したかのような造形表現は、一つとして同じ形のない自然の多様な形態に迫るものです。ひそやかでありながら逞しい野菜たちの生命に寄せる、作家の想いが熔け込んだガラス作品。その研ぎ澄まされた美の世界をご鑑賞ください。 【作家によるギャラリートーク】10月21日(水)11:00~11:30 聴講自由(要入館料)
VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
4.0/5 (1 vote)

北澤美術館

北澤美術館外観北澤美術館写真2北澤美術館写真3

山荘風の雰囲気を感じさせる建物です。

エントランスホールに面したブロンズの扉を押し開けると、オレンジ色の光を放つエミール・ガレの代表作「ひとよ茸ランプ」(高さ83センチ)があり、そこから壁沿いに設けられた展示ケースを一巡してガラス工芸を見ることになります。照明を落とした暗がりの中に、作品だけがスポットライトの光に浮かび上がる展示手法をとっています。ガレの作品を中心として常時100点前後が展示されています。現代日本画展示室では、巨匠たちの心に映じた自然美が、皆様を心地よい美の世界へといざないます。

住所諏訪市湖岸通り1-13-28
電話0266-58-6000
営業時間9:00~17:00(4~9月は18:00まで)
定休日無休 (展示替えの為、臨時休館日あり)
ホームページhttp://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
駐車場あり