伊藤けんじ ガラス展 ー進化するかたちー 動物・幻獣

イベント情報

開催日2015年12月20日〜2016年1月21日
時間9:00~17:00
場所北澤美術館 多目的ギャラリー
お問い合わせ先0266-58-6000
ガラス作家の伊藤けんじさんは、1960年富山県に生まれました。宙吹きガラスの圧倒的なテクニックと独創性あふれる造形は、国内外で高い評価を得ており、現代ガラス界を代表する作家の一人として活躍しています。これまでに100回以上の個展を開催するかたわら、武蔵野美術大学などの講師を務め、後進の育成にも積極的に取り組んできました。また、1987年に神奈川県川崎市に開いたガラス工房「彩グラススタジオ」に続き、近年には軽井沢に新たな工房を構え、工房主宰者としてガラス工芸の普及と発展に尽力しています。伊藤さんが近年追求している動物をテーマとした作品群では、耳、角、毛が熔着された巨大な幻獣の頭や、袋から顔を出す小動物など意表を突くデザインが見る者を惹きつけます。そのダイナミックかつ複雑な造形には、極めて高度な技術が駆使されています。吹き竿の先で熔けたガラスを一気に成形していく瞬時の造形力や繊細なテクニックに裏打ちされた動物たちは、変幻自在で躍動感にあふれ、神秘的ですらあります。ガラスという素材の可能性を開拓し、技法の限界に挑戦し続ける伊藤さんの、迫力ある世界をお楽しみください。
VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
0.0/5 (0 votes)

北澤美術館

北澤美術館外観北澤美術館写真2北澤美術館写真3

山荘風の雰囲気を感じさせる建物です。

エントランスホールに面したブロンズの扉を押し開けると、オレンジ色の光を放つエミール・ガレの代表作「ひとよ茸ランプ」(高さ83センチ)があり、そこから壁沿いに設けられた展示ケースを一巡してガラス工芸を見ることになります。照明を落とした暗がりの中に、作品だけがスポットライトの光に浮かび上がる展示手法をとっています。ガレの作品を中心として常時100点前後が展示されています。現代日本画展示室では、巨匠たちの心に映じた自然美が、皆様を心地よい美の世界へといざないます。

住所諏訪市湖岸通り1-13-28
電話0266-58-6000
営業時間9:00~17:00(4~9月は18:00まで)
定休日無休 (展示替えの為、臨時休館日あり)
ホームページhttp://kitazawamuseum.kitz.co.jp/
駐車場あり