諏訪湖祭湖上花火大会

イベント情報

開催日2014年8月15日
時間19:00〜21:00(雨天決行)
場所湖畔公園周辺部
お問い合わせ先諏訪市観光課 0266-52-4141
※写真提供:諏訪市観光課・長野県観光協会 諏訪湖花火大会水上スターマイン

諏訪湖祭湖上花火大会の概要

打上数、規模ともに全国屈指の花火大会です。
湖上ならではの水上スターマインや全長2kmのナイヤガラなど圧倒的なスケール感を誇る演出が目白押し。
湖上に設置された打上台から40,000発余りの花火が夏の夜空を彩ります。
また、四方を山に囲まれた諏訪湖から打ち上がるため、その音は山に反響し体の芯まで響き、迫力満点です。

 

開催日時

毎年8月15日(土)19:00〜(雨天決行)
開門時間(諏訪湖堤防内有料席):14:00予定
開催場所:諏訪市湖畔前諏訪湖上

 

アクセス・臨時駐車場・交通規制

花火大会には50万人もの方が訪れます。
最寄りインターチェンジは「中央自動車道諏訪IC」となりますが、当日はインターチェンジや周辺道路は大渋滞となります。
お帰りも一気に車が集中するため、大渋滞となり時間の予測ができません。
諏訪湖周辺にご宿泊の方は午前中には到着できるように時間に余裕を持ってお出かけください。
また、臨時駐車場も十分ではないため、できる限り公共の交通機関でお出かけいただくことをおすすめいたします。
JRは当日臨時列車を増発します。
10~15分間隔での運転を行いますが、駅舎が小さいために駅の改札規制を行います。
お帰りの切符はあらかじめご用意いただくとともに、予定の電車に乗れなくなることも多々ありますので、時間に余裕を持って移動をお願いいたします。
臨時駐車場及び当日の交通規制については、次の図を参考にしてください。

 

臨時駐車場位置と交通規制図

 

花火大会打上会場近隣MAP

有料席チケット

各種の有料チケットを販売しています。
有料席でない場合、湖畔の道路からご覧いただくか、周辺飲食店やホテルなどの販売する有料席でご覧いただくこととなります。
販売情報などは■諏訪湖の花火公式サイト■でご確認ください。

 

特別マス席

特別マス席は湖岸の最前列に作ったコンパネの上にビニールロープで区割りした、20名様が入れる桟敷席(桟敷席券は20名分発行)です。
板敷きなので、座布団などを用意されるとよいでしょう。
マスは約10平方mの区画(一人当たりの面積は大人がヒザをかかえるぐらいの大きさ)です。

 

一般マス席

一般マス席は公園内前列にビニールロープで区割りした、20名様が入れる桟敷席(桟敷席券は20名分発行)です。
地面なので、座布団などを用意されるとよいでしょう。
マスは約10平方mの区画(一人当たりの面積は大人がヒザをかかえるぐらいの大きさ)です。

 

ブロック指定席

1ブロックに20〜100名様が入ります。
ブロックの大きさは大小様々であり、各ブロックにより入る人数が違いますが一人当たりの面積は大人がヒザをかかえるぐらいの大きさとなっています。
ブロック内ではお好きな場所にお座りください。
地面なので、座布団などを用意されるとよいでしょう。

 

有料自由席(石彫公園・湖畔公園)

石彫公園と湖畔公園に用意される、自由席です。
一人当たりの面積は大人がヒザをかかえるぐらいの大きさとなっています。
自由席内ではお好きな場所にお座りください。
地面なので、座布団などを用意されるとよいでしょう。

 

旧東バル跡地自由席 当日販売

比較的ゆったり座れる桟敷席ですが、湖畔公園の樹木やマンションなどの建物等により、水上スターマインなど一部見えにくい花火もあります。
打上会場からは少し離れた場所となっています。
ぬかるみやすい地面なので、レジャーシートは必需品です。


水上スターマイン

諏訪湖祭湖上花火大会の歴史

 

昭和24年(1949年)

終戦後の混乱の中で、市民が明るい希望を持ち一日も早く立ち直ることを願って、8月15日、諏訪湖で初めて「納涼諏訪湖花火大会」を開催。

 

昭和34年(1959年)

台風7号のため大会を9月22日へ延期したが伊勢湾台風に襲われて再び延期となり、結局肌寒い10月8日に開催、花火大会の歴史の中で、8月に行なわれなかったのはこの年だけ。

 

昭和43年(1968年)

第20回となり、この年「ビーナスライン」が開通。

 

昭和56年(1981年)

20号玉を含めた水上スターマインが初登場するなど、豪華な花火の饗宴となる。

 

平成3年(1991年)

花火観客数が45万人となる。

 

平成17年(2005年)

花火の打ち上げ総数も初めて40,000発が打上げ。
この年、温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」がオープン。

 

平成20年(2008年)

60回の記念大会にふさわしい43,000発が打ち上げ。
また新たに企画した「市民花火」も好評を博し、開幕にあわせて尺玉60連発が打ち上げられた。
絶好の花火日和の天候に恵まれ、過去最高の50万人の観客を魅了。


ナイアガラ

花火大会にお出かけの際には・・・

諏訪湖花火大会に関してよくいただくご質問などをまとめてみました。

 

どれくらいの人が来て、どんな混雑状況になりますか?

諏訪湖祭湖上花火大会は、約50万人もの方が訪れます。
諏訪市の人口が約5万人なので、この1日だけで10倍になる計算です。
しかも、訪れる人はほぼ全員諏訪湖周辺に集まりますので、諏訪湖の湖畔道路は人・人・人となります。
道路も決して幅が広くないため、当日は朝から周辺道路が込み合い、午後にもなると駐車場を探す車で渋滞したり、中央道諏訪ICや長野自動車道岡谷ICは出口に向かう車で大渋滞となります。
せっかくの花火観覧ですので、公共の交通機関でお出かけになることをおすすめするとともに、時間に余裕を持ってお出かけください。

 

交通規制があると聞きましたが?

諏訪湖の湖畔道路は時間帯によって「歩行者天国」となったり、周辺道路も一方通行の規制などを行います。
また、打上会場に近い駐車場ほど、駐車場を出るのに苦労したりして大変です。
できれば、周辺市町村に駐車の上、電車でお出かけになられることをおすすめします。
中央線東京方面は甲府まで、長野・松本方面は松本まで臨時列車が運行されます。

 

電車も混雑しますか?

JR上諏訪駅が最寄り駅ですが、この日は臨時改札が設置されます。
それでも駅舎が小さく、かつお帰りの時間が特に集中しますので、改札止め(入場規制)を行っています。
臨時列車も10分に1本の間隔で運行されますが、お帰りの切符は早めに購入しておくことと時間に余裕を持って行動していただくことをおすすめいたします。
中央線東京方面は甲府まで、長野・松本方面は松本まで臨時列車が23:00台まで運行されます。

 

あらかじめ観覧のための場所取りはできますか?

諏訪湖畔の有料観覧席は14:00に開門となります。
それ以前にレジャーシートなどで場所取りをなされても、全て撤去されます。
また、有料観覧区域以外の場所につきましても、全て撤去されます。
お互いに譲り合って、気持ちよく観覧していただければ地元民も嬉しく思います。

 

ゴミを捨てる場所はありますか?

臨時にゴミステーションが設置されます。
しかしながら、諏訪市は分別収集の街です。
燃えるごみ、ペットボトル、空き缶、空き瓶に区分して捨てていただきますようお願いいたします。
お帰りの際に周辺民家や道路にゴミを置いて行く方がいますが、本当に迷惑ですのでおやめください。

 

トイレは十分ありますか?

観覧場内を中心に臨時駐車場など市内主要施設に、仮設トイレ(水洗トイレ・汲取式トイレ)を200基以上設置しています。
ただ、数が足りないためにトイレ待ち(30分待ちとか)の行列ができるほどです。
周辺の飲食店や宿泊施設では、トイレの一般開放はしていません。
時間に十分な余裕を持って行動してくださいね。

 

夏なので暑いですか?

日中の最高気温は30度近くまで上がりますが、夜は20度を下回ります。
諏訪湖は風があり、実際の体感温度はかなり低くなります。
また、万一降雨の場合には、体感温度はもっと低くなります。
上着などのご用意をおすすめいたします。

 

雨が降ったら中止ですか?

今までに中止になったことはありませんが2013年は悪天候のため途中で中止となりました。
台風により延期になったことはありますが、雨天でも決行します。

 

雨の場合は傘をさして見るのでしょうか?

雨天の場合はカッパやレインコートの着用をおすすめします。
傘だと他の方の観覧に支障が出てしまったり、雨垂れが他の方の迷惑となってしまったりします。

 

待ち合わせの目印になる場所はありますか?

諏訪湖周辺は残念ながら待ち合わせの目印になる場所がありません。
また、携帯電話も繋がりにくい状況となってしまいます。
会場放送もありますが、個別の呼び出しは行っておりません。
あらかじめ、個々のグループで待ち合わせ場所などをお打ち合わせの上、お出かけください。

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
5.0/5 (3 votes)

諏訪湖の花火

諏訪湖の花火外観諏訪湖の花火写真2諏訪湖の花火写真3

夏の夜空を彩る、諏訪湖の花火。

日本で有数の花火大会が毎年諏訪湖では行われます。
「諏訪湖祭湖上花火大会」(毎年8月15日開催)は4万発以上の打上発数と水上スターマインや大ナイアガラ瀑布などその規模も圧巻です。
「新作花火大会」(毎年9月第一土曜日開催)は全国の花火師さんたちの技を競う雅な花火をご覧いただける花火大会です。
また、夏休みは毎日諏訪湖畔で花火が上がります。
※お問い合わせ先:諏訪市観光協会 0266-52-4141

住所諏訪市湖岸通り4
電話0266-52-4141
ホームページhttp://www.suwako-hanabi.com/index.html