★岡谷美術考古館「特別展示」・・会期を延長します。

海を渡った宝物。。。★岡谷美術考古館 で◆英国帰りの記念展です!

4/20~特別展示コーナーは、来館者の関心・人気が高く、当初予定していた6月末までの予定を延長いたします・・・

秘蔵の土器・土偶15点が・・・故郷岡谷に凱旋帰国しました。

昨年の秋にイギリス「大英博物館」で開かれた土偶展★「ザ・パワー・オブ・DOGU」に出展された岡谷市の「岡谷美術考古館所蔵」の国重要文化財「●顔面把手付深鉢形土器」、岡谷市文化財「●壷を持つ妊婦土偶 」の里帰りを記念して、土器・土偶の特別企画展を開催しています!!。

海を渡った土器・土偶のほかに・・秘蔵の縄文時代の文化財15点特別展示しています。必見⇒初公開品1点の展示は注目ですネ。。

大英博物館 海を渡って帰ってきました!顔面把手付深鉢形土器、壷を持つ妊婦土偶~

 土偶展は、日本の歴史と文化に対する理解の増進、国際親善の推進を目的に昨年9月から11月まで大英博物館で展示開催されました。

国宝3点、重要文化財23点を含む67点が海を渡ったのでした・・期間中は約7万人の英国人らが来館したそうです。

続いて・・岡谷からも ⇒ 海を渡る。

★ 顔面把手付深鉢形土器★ 国重要文化財 岡谷市「海戸遺跡」 から出土。1996年に発見。身長42.4センチ。縄文時代には珍しく、 顔が外側を向いた形状をしており、完全な形に復元された全国的にも希少な土器。縄文人が顔面に何かを宿らせたとする説があり、祭祀の器だったのでは・・。

特に◆顔面把手は⇒中部・関東地方を中心とする地域で多く出土していますが、その中でも岡谷からの出土品は優品が多いとされ、展示された顔面把手も古代の魅力を雄弁に物語っています。世界に誇れる文化財なんです・・・

 海を渡って帰ってきました!

顔面把手付深鉢形土器、壷を持つ妊婦土偶~他にもあるよ面白い土器や土偶、あんな顔、こんな顔!~

♪「おえりなさい・・」 里帰りを記念した企画展では、海を渡った土器・土偶とともに、海戸遺跡や梨久保遺跡、榎垣外遺跡など市内遺跡から出土した他の土器・土偶を特別公開しています。

みんなが活躍してきた・・大英博物館での展示風景を撮影した写真も展示しています。

★ 壷を持つ妊婦土偶★ 市文化財 岡谷市「目切遺跡」から出土。1993年に発見。身長14.5センチ。 妊娠した女性が右手を腹部に添え、左手で壷を抱えている。全身が出土した壷を持つ土偶は日本国内唯一

 全てが縄文時代の貴重な考古資料です。ぜひこの機会に古代ロマンに触れてください・・ニッポン代表の晴れ姿を。

開館時間は午前9~午後5時。月曜が休館。

▲⇒問い合わせは(電話0266・22・5854)へどうぞ。

縄文のビーナス&仮面の女神・・が海を渡る。。

縄文のビーナスさん♪ おかえりなさい!!

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
5.0/5 (1 vote)

この記事は上諏訪温泉 しんたろうさんが書いています

上諏訪温泉 しんたろうさん

諏訪湖しんたろう

信州上諏訪温泉 諏訪湖からあれこれを発信中。