霧ケ峰とグライダー

グライダー

霧ケ峰は日本のグライダー発祥の地です。

 

秋までの週末とゴールデンウィーク・夏休みの期間中、霧ケ峰ではグライダーが滑空しています。

エンジンは付いていないので、音が出るのは離陸の時にワイヤーで引っ張る時のウインチの音のみ。

静かに青い空に浮かんでいるような感じです。

 

グライダーは上昇気流を翼に受け、約600m上空まで上がり「諏訪湖や眼下の街並みを見ながら飛ぶ気分は最高」とのこと。

 

お天気の良い日に、八ヶ岳や車山を眺めながら、ボーっとしてみるのも気持ち良いです。

 

贅沢な時間の使い方ですね。

 

夏には、一般向けの体験教室も開く予定だとのことです。

 

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
0.0/5 (0 votes)

この記事はホムタプロジェクトさんが書いています

ホムタプロジェクトさん

ホムタすわプロジェクト

諏訪市の魅力や情報を、もっとたくさんの方に知っていただくための活動を行っています。 この「ホムタすわ」のホームページを企画運営管理しているプロジェクトチームです。 「見る喜びとちょっとした情報を発見する喜び」を「諏訪の人やお店が情報発信する喜び」を マッチングすることに喜びを感じています。 【ツイッター】でも情報発信中!