情報求む~この絵の題材となっている人は誰?

万治の石仏1

原田泰治画伯の絵って、見ていると心が和みますよね。

 

大好きなので、いたるところに絵を飾らせていただいています。

 

画像は「万治の石仏」という、最近(2009年)の作品です。
(関係ありませんが、ウチの絵です。)
下諏訪町の諏訪大社春宮から徒歩約5分くらいのところにどっかと鎮座しているこの石仏、かの岡本太郎氏も大絶賛した石仏です。

 

で、

 

下諏訪町でこの絵のモデルとなっている人を血眼になって探しています。

専用のウェブサイトを立ち上げてしまったくらいです。

2011年内捜査をし、見つかった場合は当人に同絵画ピエゾグラフ6号(18万9000円相当)、最も寄与した情報提供者に下諏訪温泉ペア宿泊券を進呈する、とおっしゃっていますので、我こそは!と言う方はぜひ情報提供にご協力ください。

 

ちなみに・・・残念ながら私ではありません。

犬飼ってないし。

 

万治の石仏2

 

2009年の9月ごろに、

男性は青い帽子、「Aloha」と書いた赤いTシャツを身に着け、青い上着を腰に巻いて、

女性は青い帽子、シャツ、ベストにジーンズ、赤い靴で黒いバッグを掛け、

寄り添う成犬らしいダルメシアンは赤い首輪を付け、

 

て、万治の石仏に行った方かご存知の方、

 

http://yorozu-osamu.com/

 

をご覧になってみてくださいね!

 

・・・ってどうやって連絡したら良いかの連絡方法が記載されていないのがまた謎だったりします。

※追伸:先だって「情報提供用のページ」が追加されました。

 

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
0.0/5 (0 votes)

この記事はホムタプロジェクトさんが書いています

ホムタプロジェクトさん

ホムタすわプロジェクト

諏訪市の魅力や情報を、もっとたくさんの方に知っていただくための活動を行っています。 この「ホムタすわ」のホームページを企画運営管理しているプロジェクトチームです。 「見る喜びとちょっとした情報を発見する喜び」を「諏訪の人やお店が情報発信する喜び」を マッチングすることに喜びを感じています。 【ツイッター】でも情報発信中!