原田泰治美術館のギャラリー開放

ギャラリーさざなみ

原田泰治美術館では、館内に地域住民の作品を展示するコーナー「ギャラリーさざなみ」を開設しました。

 

既存のスペースを改修し展示スペースを設け、絵画や版画、写真などを愛好する個人・団体に開放、現在来年(2012年)2月以降の出展者を募集中です。

 

展示壁の総延長は約30メートル。

ピクチャーレール付きで平面作品に限りますが、大きな作品で30点程度の展示が可能です。

 

展示期間は5日間(水曜~日曜)か、10日間(金曜~翌週日曜)。

利用料は徴収しませんが、出展者には、関係者や招待者らに配布する特別入館券として、展示会の案内はがき(招待状)を割引価格で購入してもらうスタイルとのことです。

ギャラリー見学者は、案内はがきの有無に関わらず入館無料で、受け付けカウンターで記帳し、名札を付けて入館するようになります。

 

詳しくは、原田泰治美術館(0266(54)1881)へお問い合わせください。

 

展示会開催の際には、ぜひホムタすわへもお伝えください。

記事でご案内させていただきます。

 

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
0.0/5 (0 votes)

この記事はホムタプロジェクトさんが書いています

ホムタプロジェクトさん

ホムタすわプロジェクト

諏訪市の魅力や情報を、もっとたくさんの方に知っていただくための活動を行っています。 この「ホムタすわ」のホームページを企画運営管理しているプロジェクトチームです。 「見る喜びとちょっとした情報を発見する喜び」を「諏訪の人やお店が情報発信する喜び」を マッチングすることに喜びを感じています。 【ツイッター】でも情報発信中!