原田泰治美術館~企画展「とうちゃんのトンネル」原画展

原田泰治美術館

 

原田泰治美術館で3月3日から、企画展「とうちゃんのトンネル原画展」が始まりました。

 

原田泰治画伯が幼少期の体験を基に制作したオリジナル絵本「とうちゃんのトンネル」の原画をはじめ、物語の中にも登場する手作りの木琴やカンテラなどを展示し絵本の世界を紹介しています。

 

絵本「とうちゃんのトンネル」は、原田画伯が少年時代を過ごした1950年代の下伊那郡伊賀良村(現飯田市北部)での原田家族のエピソードが題材で、諏訪から同村に移住した一家の父・武雄さんは、家族の食料を確保しようとトンネルを掘って水脈を得て、荒れ地を田んぼや畑に変えたという家族思いの力強い父親の姿が描かれ、原田さんの「原点ともいえる作品」なのだそうです。

 

企画展は6月27日まで。

(※3・4月は月曜日が休館です。(3月19日・4月30日を除く))

 

ほのぼのとした原田泰治画伯の世界に触れるのもおすすめです。

 

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
0.0/5 (0 votes)

この記事はホムタプロジェクトさんが書いています

ホムタプロジェクトさん

ホムタすわプロジェクト

諏訪市の魅力や情報を、もっとたくさんの方に知っていただくための活動を行っています。 この「ホムタすわ」のホームページを企画運営管理しているプロジェクトチームです。 「見る喜びとちょっとした情報を発見する喜び」を「諏訪の人やお店が情報発信する喜び」を マッチングすることに喜びを感じています。 【ツイッター】でも情報発信中!