大熊城址

大熊城址から見る八ヶ岳

大熊城址

大熊城址案内板

大熊城址は、その昔の大熊城の跡地で今は城郭の名残が残るのみとなっています。
現地には諏訪市教育委員会設置の案内板があり、城郭の上や土塁に祠があるのみとなっています。
(残念ながら、中央自動車道に城址が分断されてしまい、今では一部が現存しているのみとなっています。)
実はこの場所、時期になると福寿草が美しく、また八ヶ岳の絶好のビューポイントでもあります。
ちょうど撮影しに行ったときは空気が霞んでいてはっきりくっきりとは映っていないのが残念です・・・


大熊城址

(現地案内板より)
大熊城は千野氏居城と伝えられ、文献上では文明15年(1483)にその名がみられる。
諏訪神社上社大祝(おおほうり)側に属する山城で、当時対立していた下社大祝金刺氏との攻防の場となった。
天文11年(1542)武田信玄の侵攻によって落城し、天文17年頃破却された。
城は三日月形をした自然丘陵上に主郭を築き、周囲に6ヶ所の郭(曲輪)を配置したいわゆる連郭式城郭である。
主郭の南端には長さ20mの土塁があり、その上には千野氏の名を刻んだ石祠が建っている。
 昭和48年に行なわれた発掘調査では堀・建物跡・土橋が発見され、築城の様子が明らかになった。
また大熊城に隣接する城山遺跡・荒神山遺跡からは城主の居館跡とみられる建物跡も発見された。


大熊城址からは、諏訪湖方面(高島城)、八ヶ岳方面(上原城)が見渡せます。
戦国時代の武将は、どんな想いでこの景色を眺めていたのでしょうね。


福寿草と諏訪湖

福寿草(城山福寿草園)

福寿草

地元の方によって遊休農地に福寿草を植え、見事なまでの群生地に育て上げられたものです。
諏訪湖を見下ろす小高い丘の日当たりのよい西斜面にあります。自然の群生では見ることのできない見事さです。
諏訪湖の向こう側に天気がよければ北アルプスを望むことが出来ます。
福寿草の見頃は2月中旬~3月上旬にかけてです。
雪解けの頃で歩くところがぬかるんでいることや、細い道で地元の方の生活圏であることを十分配慮しながら見学してください。
ヒールではちょっと難しいかと思います・・・


詳しい行き方

ここでは「諏訪大社上社」からの行き方をご案内します。
1.諏訪大社上社から諏訪湖方面に進む
2.左側に「どさんこラーメン」が見えますので、通り過ぎた次の信号「湖南小学校入口」(「大熊墓地入口」の小さな看板もあります。)を左折。
3.道なりにまっすぐ上がります。(道が細いのでお気を付けて。)
4.左カーブのところに神社があり、そこを少し上がると道幅が広くなっていますので、その路肩に駐車して正面を見ると福寿草の黄色い花が確認できるかと思います。
5.福寿草園の向こう側が大熊城址で、大熊城址の案内板から見た八ヶ岳が一番上のパノラマ的写真です。

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
4.3/5 (9 votes)

大熊城址

大熊城址外観大熊城址写真2大熊城址写真3

八ヶ岳の絶好のビューポイント。

大熊城は千野氏居城と伝えられ、文献上では文明15年(1483)にその名がみられます。
諏訪神社上社大祝(おおほうり)側に属する山城で、当時対立していた下社大祝金刺氏との攻防の場となったものです。
天文11年(1542)武田信玄の侵攻によって落城し、天文17年頃破却。
城は三日月形をした自然丘陵上に主郭を築き、周囲に6ヶ所の郭(曲輪)を配置したいわゆる連郭式城郭で、主郭の南端には長さ20mの土塁があり、その上には千野氏の名を刻んだ石祠が建っている。
※お問い合わせ先:諏訪市観光協会 0266-52-4141

住所諏訪市湖南大熊
電話0266-52-4141
駐車場なし