有賀城址

有賀城址

有賀城址

諏訪湖から伊那方面へ有賀峠を目指して行くと、有賀城址があります。
昔の諏訪と伊那を結ぶ交通の要所だったこの地にあり、現在でも建物は現存しないものの、その遺構の保存状態は良好です。
木々の間から見る諏訪湖もまたおすすめです。


有賀城址の配置図

(有賀城址案内板より)

有賀城址

有賀城址は古代より諏訪と伊那谷を結ぶ交通の要所であった有賀峠の登り口に位置する。
確実な記録がないため、築城年代は不明であるが、諏訪氏の支族である有賀氏が鎌倉時代初期の承久年間(1219~1222)に当地に入り、その後に築かれた山城であると考えられる。
戦国時代に入り、諏訪氏を滅ぼした武田氏の支配が当地域に及んだ天文17年(1548年)に有賀氏ら西方衆は武田信玄と争うが敗退し、追放された。
有賀城には武田方の原美濃守が入城し、しばらく後に武田方に協力した千野氏へと支配が移された。
そして関ヶ原の役後の慶長6年(1601年)再興した諏訪氏の再入部にあたり、千野丹波守房清が入城している。
江音寺付近にみられる「丹波屋敷」の地名はこれにちなんだものと言われている。
現在曲輪や尾根を遮断する堀切、斜面にのびる竪堀など、中世に築かれた防御的施設が非常に良好に残っている。
標高925mの尾根頂部にある主郭(近世城郭の本丸にあたる)は東西約20m、南北約37mの規模で、東側に虎口(出入口)が見られる。

有賀城址からの諏訪湖

南側には高さが5mに達する土塁があり、このような大規模の土塁がある山城は諏訪地方では珍しい。
また、主郭から北方にのびる尾根上には土塁を持った曲輪が階段状に築かれている。
これらの曲輪は戦時に城兵がこもる場所で主郭背後を執拗に遮断する堀切や山麓までのびる複数の長大な竪堀は曲輪や斜面を防御するためにつくったものである。
有賀城では斜面に多くつくられた竪堀が最も特徴的な遺構である。
このように防御的施設が発達した有賀城址は、戦闘が激しくなった戦国時代末期に改修された姿であると考えられる。


有賀城址への行き方

ちょっと漠然とした案内になってしまいます・・・
1.六斗橋交差点を有賀峠方面へ
2.豊田有賀の信号を有賀峠・辰野・伊那方面へ
3.江音寺入口を左折、江音寺の裏山(江音寺からは徒歩)

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
5.0/5 (1 vote)

有賀城址

有賀城址外観有賀城址写真2有賀城址写真3

伊那と諏訪を結ぶ交通の要所にあった有賀城。

有賀城は諏訪湖南岸、諏訪から有賀峠をこえて伊那・辰野に繋がる峠道に沿った北側に延びた尾根末端(標高920m 比高100m)に築かれた山城で、伊那口を守備する要衝地に位置しています。
ここからの諏訪湖の眺望はとても素晴らしく、また遺構としても(建物は現存していませんが)保存状態がとても良いものです。
※お問い合わせ先:諏訪市観光協会 0266-52-4141

住所諏訪市豊田有賀
電話0266-52-4141
駐車場なし(江音寺駐車場を借用)