~続編◆ウソみたいな・本当のお話・・・・

~続編◆ウソみたいな・本当のお話・・・・

世にも奇妙な・・ウソみたいな本当の体験   

 ・・・つづきです。

続・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ、どの選択がベストでやんしょ??>。 ★はい。それでは検証しようか

1.おじいさんは、意図的にわざと「おばあちゃん」を置き去りにした。 ⇒★ま・さ・か。あり得ません。

2.おじいさんが、高速を逆走してくる。 ⇒★してはいけません。しないでしょ。しないで下さい。祈ります。

3.おじいさんは、「おばあちゃん」を置き去りにした事を忘れて自宅に帰り、独り晩酌を始める。 ⇒★ありえないこともない・・が、まずないだろう!!!

4.今から私が、「おばあちゃん」を乗せておじいさんの車を追っかける。⇒★現在おじいさんの状況が把握できない限り、追いかけても既にどこかのICを下りてるかも。会える可能性皆無。

5.私が「おばあちゃん」を乗せて、自宅まで送る。 ⇒★「おばあちゃん」は自宅に戻るが、おじいさんは途方にくれる

6.警察に事情を連絡して対処してもらう。 ★⇒事故・事件性がないので、おそらく取り合わないだろう

7.おじいさんを信じて全てを託す・・・⇒★おじいさんが、またここへ戻ってくるのを★ひたすら待つ・待ち続ける★

◆あれこれ考えてみたものの。 最善の選択は・・「7番」しかないと判断しました。

こんなストーリーでしょうか

⇒★★おじいさんは、どこかで「おばあちゃん」が同乗してない事に気づく。ありゃりゃゃ。ばあさん置き去りにしてもうた。。ユウタアンはでけん。ばあさん、すまん。~どこかのICで下り、また即上る。可児方面へ向かい。ICで下りてまた上る。名古屋方面へ・そしてここ「置き去り現場」へと。めでたし再会。となる訳だ。

選択枠がひとつしかないのですから、あれこれ・色々考えても仕方なし。他に具体的行動もできないのですから。ただ、「おばあちゃん」とひたすら待つのみ。おじいさんのカムバック・を祈りながら。いろいろ不安要因が頭を巡る。うーーんおじいさん、今いま・どこで何考え・どこへ向かっとるですか。??。 改めて、「おばあちゃん」に、とても・大変・恐縮で失礼ですが「おじい様、少々ボケ、かギャグってますか?!?!」

・・・「おみゃーさん、そんなことぉあ。にゃゃあぁーー」。

申し訳ございません・大変失礼致しました。ごめんなさい。おじいさん信じてまちましょう・・・?

なら。何で置き去りに??またまた不安に・・・・ひたすら待て。辛抱せい。 ●待つ●私、まあーつわ♪●待ちわびぃーてぇー♪。。あれこれ「待つ」を考察する。・・。

そろそろおばあちゃんも限界・・・すると、おばあちゃんがピクッと反応した。もしやあの車が・・ ききき・キキキ「きっきき来た・きた・きぃたああああぁぁぁぁーーーー」

 

待ち続ける事「「「参時間四拾弐分間」」」

おじいさま。現る。登場。出現。参上。見参。「カムバック・ウェルカム!!!!???」 おじいさま、戻ってきて本当に。ほんとうに「よかっったぁぁあああああ!!!!!!!!!!!!!!」 「おばあちゃん」安堵。おじいさまも、かなり混乱した様子。おもいっきり事情聴取をと思いきや。結果無事会えたのだから「良し」にします。ってか、疲れました。

それでは、「お元気で・・もう、二度とおばあちゃん置き去りにしてははだめヨ!!!何時いつまでもお二人仲良しでねネ。」

さあ、それでは改めて可児PAからウン時間遅れでスタート。帰路・諏訪。。本当にあったウソじゃない本当の話。世にも奇妙な夫婦者語り。 じゃんジャン。・・・・

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
5.0/5 (1 vote)

この記事は上諏訪温泉 しんたろうさんが書いています

上諏訪温泉 しんたろうさん

諏訪湖しんたろう

信州上諏訪温泉 諏訪湖からあれこれを発信中。