上野大根栽培体験ツアー

上野大根

 

大根は大根でも「上野大根」、またの名を「諏訪湖姫」。

諏訪市上野地区は、諏訪盆地から有賀峠(県道諏訪辰野線)を越えて少し下った所にある集落です。

上野大根は、この上野地区の特産品として、高島藩の殿様に献上された信州地大根の1つで、信州伝統野菜として年間12万本生産されています。

 

特にこの上野大根のたくあん漬けは昔ながらの味と歯応えに根強い人気があります。

小ぶりで水分が少なく、非常に硬いため加工しても独特の風味や歯触りがなくならない品質が高く評価され、そのたくあん漬けは事前予約で完売になるほどの人気商品となっています。

 

上野大根の栽培を体験してみよう、という「上野大根栽培体験ツアー」が開催されます。

体験ツアーの会場は約2,500㎡の畑。

 

9月1日(日)に「種まき」、

9月21日(土)に1本だけ残して引き抜く「間引き」、

11月上旬に「収穫」を予定しています。

 

1回目は8:30、2・3回目は9:00までに「ザゼンソウの里公園」に集合し、畑までの送迎が行われます。

 

畑の管理は農事組合、漬け込み作業は加工組合に依頼し、来年2~3月には1人当たり10本の上野大根の漬物が配布される予定とのことです。

 

募集人員は20人、参加費用はひとり2,500円となっています。

 

お問い合わせは、諏訪市農林課 0266(52)4141内線411 まで直接お願いいたします。

 

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
4.5/5 (2 votes)

この記事はホムタプロジェクトさんが書いています

ホムタプロジェクトさん

ホムタすわプロジェクト

諏訪市の魅力や情報を、もっとたくさんの方に知っていただくための活動を行っています。 この「ホムタすわ」のホームページを企画運営管理しているプロジェクトチームです。 「見る喜びとちょっとした情報を発見する喜び」を「諏訪の人やお店が情報発信する喜び」を マッチングすることに喜びを感じています。 【ツイッター】でも情報発信中!