◆諏訪湖の鮨鮒・・発送準備始まる。140年の時を経て復活!!

◆諏訪湖の鮨鮒・・発送準備始まる。140年の時を経て復活!!

114.gif「鮨鮒」出来栄え上々!! 諏訪湖漁協が出荷準備・・・ 133.gif江戸時代に幕府への献上品だった諏訪湖産フナの「ふなずし」を復活させる諏訪湖漁協は14日、諏訪湖産のフナを漬け込んで作った「鮨鮒」の発送準備を始めた。

諏訪市内に借りた104.gif空き店舗で容器に入れて1年間にわたって発酵熟成させたフナ約900匹のうち、注文を受けた中サイズ(体長25センチ前後)の約200匹を、甘酸っぱい独特の香りが漂う中・・1匹ずつ袋詰めして今月下旬から発送する。

  フナは昨年5月~6月に水揚げしたもの。10月に、塩漬けした118.gif子持ちの雌と、塩水炊いた米を層状に重ねて漬け込んだ。組合員が乳酸発酵が進んだフナを容器から取り出して試食。「骨まで軟らかくなり、卵の部分もおいしい。味も色つやもいい」と出来栄えは上々・・満足なりicon_lol.gif漬けたフナのうち「諏訪湖 鮨鮒」として売り出すのは、◎中ブナや「体長25~35センチの◎大ブナ」。「35センチ以上の◎特大ブナ」の3種類。県内外の300人以上から注文を受けている。大ブナと特大ブナは頭や骨にまだ硬さが残るため・・より熟成させて、12月ごろには引き渡す予定だ。

        

103.gif注文は北は青森、南は熊本まで全国から届いてる。癖も少なく、誰でも口にできる味においしく仕上がった。たたきにして098.gifご飯の上に乗せて食べてもうまい」と納得。「いにしえの味、鮨鮒のファンを増やし、フナの消費拡大につなげたい」・・・と。115.gif新たな名物に育ってほしいとの願いを込めながら!!!

11月下旬から12月上旬には地域住民に試食してもらう「鮨鮒フェスティバル」を開き、来年漬け上がる「鮨鮒」の注文も受け付けるという。

 

★注文やお問い合わせは「諏訪湖漁業協同組合 」へ。電話103.gif0266-52-4055

諏訪湖漁業協同組合は、諏訪湖フナの消費拡大の一環で、寛永19年の記録に徳川幕府へ献上したと残る「鮨鮒」の商品化を決め、昨年春の抱卵期に捕った1000匹を塩漬け。昨年10月から地元産コシヒカリの米飯とともに桶に入れ、保健所の許可を受けた諏訪市内の加工所で乳酸菌発酵させていた。

 ◆徳川幕府献上品「諏訪湖・鮨鮒」140年ぶり復活!!

asahi.com(朝日新聞社):あの臭いで漁協立て直せ 長野・諏訪湖で …

諏訪湖 鮒ずし船出 – 水平思考 <日常あふれる気づきを求め …

140年ぶりに復活「諏訪湖 鮨鮒」

フナずし本漬け 諏訪湖漁協、御柱で販売へ

フナずし本漬けへ網づくり 諏訪湖漁協

諏訪湖産フナずし 「献上品の味」塩漬け開始

 

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
5.0/5 (1 vote)

この記事は上諏訪温泉 しんたろうさんが書いています

上諏訪温泉 しんたろうさん

諏訪湖しんたろう

信州上諏訪温泉 諏訪湖からあれこれを発信中。