まつたけ・マツタケ・松茸

マツタケ

今年のマツタケの発生予測が発表となりました。
春から夏の降水量が十分あり、地中のシロ(菌根)は順調に育っているとして 「9月に残暑による急激な地温上昇がなく、一定の雨が降れば、 大豊作だった昨年度ほどではないが平年以上の収穫になる」との見方が示されています。

 

昨年は大豊作。
今年はまだ先となりますが、どうなるのでしょうか?
楽しみでもあります。

 

ちなみに、原発事故を受け、本格的にマツタケが出始めるころ、 長野県が放射性物質の有無についてサンプル調査をするとのことです。

 

 

諏訪では、「後山(うしろやま)地区」(市中心部から15キロ離れた標高約1000メートルの山間地) が一番の産地。
時期になると地場で朝採りのマツタケ料理を楽しめます。
コースなら7千~1万3千円。
焼き松茸、松茸入りすき焼き、松茸の刺し身、天ぷら、土瓶蒸し、 松茸ご飯、松茸酒などを堪能することができます。

 

松茸の生えている山は「止め山」(入山禁止)となっています。
間違えて入山してしまうことのないようにご注意を!

 

香り松茸、味クリタケ。
山好きにはたまらないシーズンが間もなく到来しますね。

 

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
4.0/5 (1 vote)

この記事はホムタプロジェクトさんが書いています

ホムタプロジェクトさん

ホムタすわプロジェクト

諏訪市の魅力や情報を、もっとたくさんの方に知っていただくための活動を行っています。 この「ホムタすわ」のホームページを企画運営管理しているプロジェクトチームです。 「見る喜びとちょっとした情報を発見する喜び」を「諏訪の人やお店が情報発信する喜び」を マッチングすることに喜びを感じています。 【ツイッター】でも情報発信中!