「第31回諏訪よいてこ」◆お諏訪節が本格復活です

イベント情報

開催日2010年7月24日
場所並木通り・湖明館通り
お問い合わせ先諏訪よいてこ実行委員会 TEL:0266-52-2155

諏訪市の夏の市民祭り135.gif第31回諏訪よいてこ 」。7月24日に開く今年のお祭りで、かつては盆踊りや運動会などで広く踊られていた民謡「お諏訪節」を本格的に復活させる。近年は目にする機会が減っていた。

★お諏訪節が新民謡として世に出たのは戦後間もない1951年。諏訪市内の開業医、故北原義張さんが作詞、中野市の作曲家、中山晋平さんが作曲。日本舞踊・花柳流の師匠だった諏訪市内の故花柳徳弥さんが踊りの振り付けをした。 日本舞踊の動きが入っている「お諏訪節」の振り付けは、しなやかさと優しさが特徴。踊りの流れの中で振り返る部分などに難しさがあるという。

民謡「お諏訪節」本格的に復活 練習会などで普及図る

お諏訪節オリジナルは輪踊りを基本としているが、今年は流し踊りをする「諏訪よいてこ」用に振りを一部変更。「諏訪市民に親しまれた民謡があるのにもったいない」と、昨年のお祭りで試行的に「お諏訪節」を取り入れた。本格的に導入させる今年は、◎よいてこ音頭&お諏訪節のお披露目です。

★諏訪よいてこ実行委員会催事部では、「お諏訪節」の普及ビデオ・振り付けを解説するチラシを作成。参加連への普及を進めている。今後、踊りの指導員が個別に練習会を開く。 踊りを伝える◆日本舞踊「花柳謹玲会」・諏訪よいてこで踊り指導員を務める「時雨流しぐれ会」「菊間流明葉菜会」が指導役となる。 7月には練習場として諏訪商工会館開放する予定。

花柳流師匠の故花柳徳弥さんの一人娘・・花柳弥寿々さん。九十二歳。ゆったりとした優雅な踊りに「とても懐かしい。お諏訪節で街がまた、にぎやかになってほしい。」と・・・。

!!! 不景気に負けるな !!!2009-07/19

諏訪よいてこ・・・「お諏訪節」が復活2009-07/06

○諏訪よいてこ○2008-06/06

VN:F [1.9.3_1094]
この記事のお役立ち度を星の数で投票!あなたの投票が書いている人を勇気づけます
5.0/5 (1 vote)

源湯の宿 緑水のおすすめプラン(人気プランTOP3)

  • 1[最安料金(目安)]円〜
  • 2[最安料金(目安)]円〜
  • 3[最安料金(目安)]円〜

源湯の宿 緑水

源湯の宿 緑水外観源湯の宿 緑水写真2源湯の宿 緑水写真3

敷地内から湧く琥珀色の源泉。ボリュームある料理でおもてなし!

諏訪湖を望む景勝地に建つ湖畔の宿。敷地内から直接湧き出る温泉が特徴。源泉温度82度、色は琥珀色で入ってすぐにすべすべとした感触が実感できる美肌温泉。信州の観光・ビジネスの拠点にご利用下さい。

住所諏訪市湖岸通り2-6-30
電話0266-52-3670
ファックス0266-58-9494
ホームページhttp://www.ryokusui.jp/
駐車場40台

諏訪の情報や各種リンク

宿泊プラン一覧


  • [最安料金(目安)]円〜

  • [最安料金(目安)]円〜

  • [最安料金(目安)]円〜

  • [最安料金(目安)]円〜

  • [最安料金(目安)]円〜

  • [最安料金(目安)]円〜

  • [最安料金(目安)]円〜

  • [最安料金(目安)]円〜

  • [最安料金(目安)]円〜

  • [最安料金(目安)]円〜
プラン一覧はこちら